ホーム > 珪藻生活のきょうかしょ >  現代住まいの課題
稚内珪藻士の基礎
酸化ストレスは、全ての病の原因です。
酸化ストレスにより引き起こされる疾患
酸化ストレスは、全ての病の原因です。
平成15〜21年度における降水のpH分布(全国14地点における日単位捕集)
酸化ストレスは、全ての病の原因です。
一年間の気象データ(東京)
酸化ストレスは、全ての病の原因です。
 

現代人は、産業革命以降、利便性を追求し、高度工業化社会、車社会を実現しましたが、全て、化石燃料に依存し、大気を、恐ろしい酸性の大気としてしまいました。

その為、人々は、酸化ストレスのより、多くの現代病を発病することになりました。

せめて、長く暮らす住まいは、このストレスから、解放し、健康で、快適な暮らしが出来る「自然健康な住まい」を提供すべきと考えます。














平成15~21年の日本の降雨の酸性度を測定していますが、全国14地点のデータでは、ひどい時期では、なんとPH4以下の酸性雨が、私達をおそっています。

平均でも、PH5程度で、このような生物にとって、厳しい環境に私たちは、置かれています。









  • 東京で、窓を開けにくい日は、1年間で63.8%を占め、233日となっている。
  • 暖房日119日、冷房日45日と164日に達する。
  • 窓を閉めても居住環境が良い住宅、空気質の良い快適健康住宅を提供する必要がある。

外より、家の中の方が、汚れた空気の無呼吸仕上げ高気密・高断熱住宅ですが、自然オール呼吸住まいで、最も、綺麗な空気の住まいを提供する必要があります。

専門用語解説
▼コンテンツ検索
▼カテゴリ
▼コラム
珪藻生活の教科書
▼募集中
▼イベント