ホーム > 珪藻生活のきょうかしょ >  現代住まいの課題
稚内珪藻士の基礎
繰り返しの地震対策は、万全ですか?
時刻歴解析グラフ
繰り返しの地震対策は、万全ですか?
 

一回の地震に耐えるだけであれば、初期の強度を低下させないで、床下調湿材などで木材の腐朽を阻止すれば、完全な地震対策となると思います。

しかしながら、複数回来ると考えた場合、日本の実情では、地域によっては、地震多発地域もあり、複数回の地震を受けると想定した方が、実態に沿っていると思います。

又揺れに耐えることが出来ても、阪神・淡路大震災で、明らかなように、家具などの倒壊により、多くの方々が死亡されたり、大切な宝物が、破損したり、多くの被害も出ています。

繰り返しの地震に対する防衛、揺れによる家具倒壊、生命・財産保全を行うには、地震による大きな揺れを緩和し、建物に、実際に掛かる力を弱める必要があります。

その方策として、近年、免震装置(揺れを免ずる。)、制震装置(揺れを制御する)が、開発されています。

免震装置は、500万円程度/棟と非常に高額で、なかなか実際に利用することは、予算面で、厳しい点がありますが、制震装置であれば、50万円/棟以下で、揺れを半減することが出来、繰り返しの地震対策として、安価であり、利用されることをお勧めします。

ローンで、返済すれば、突き当たりに直せば、保険より、安価になると思います。

揺れが、大きすぎるとジョイント部を固定部を変形劣化させ、次に来る地震に耐えられない建物になってしまうので、建物の強度を維持できる弾性限界内の揺れ変形に留めることは、重要と思います。


制震ダンパーで、揺れが、半減以上のなり、繰り返しの地震が来ても、強度は、弾性限界以内であり、ジョイント部の残留変形も少なく、繰り返しの地震に耐えることが出来るのです。

専門用語解説
▼コンテンツ検索
▼カテゴリ
▼コラム
珪藻生活の教科書
▼募集中
▼イベント