ホーム > 珪藻生活のきょうかしょ >  現代住まいの課題
稚内珪藻士の基礎
稚内珪藻土が、アレルギーを改善!
 

国立浜松医科大学とパナホーム㈱は、アトピー患者に塩ビの部屋と稚内珪藻土塗り壁材の部屋に入院して頂き、アレルギーの改善効果を確認し、稚内珪藻土塗り壁の部屋が、アレルギーの指標が、低くなるとの結果を発表しています。


アレルギー軽減事例Ⅰ ●珪藻岩塗り壁●
(岡崎市の高校1年生女性・母より)

【症状】
生まれて3ヶ月よりアトピー皮膚炎になり、体中どろどろでひどく、学校へも行けない為、半分くらいしか行っていない。
有名な医者などあらゆることを行ったが、改善どころか悪くなる一方で困り果てていた。経済的にも、治療に相当の費用を費やした。
入浴後の浴槽は、かさぶたなど凄い汚れで、新しいお湯にしないと家族でも入ることが出来なかった。

【改善の声】
稚内珪藻岩塗り壁材でアトピーが改善した話を聞き、すがる思いで娘の部屋に稚内珪藻岩塗り壁を施工しました。
いつも居間で過ごしていた娘でしたが、稚内珪藻岩を塗った自分の部屋で過ごすようになり、その部屋から出てこなくなった程です。
空気がやわらかくて肌が痛くないとの理由でした。
塗り壁を施工してから、みるみる間にアトピーが改善し、喜んで学校へ行けるようになりました。
良いと言われるものはあらゆることをやりましたが、改善せず、稚内珪藻岩塗り壁材が娘を健康にしてくれたと思っています。
私も娘も本当に稚内珪藻岩に感謝しています。


アレルギー軽減事例Ⅱ ●珪藻岩枕●
(大阪引きこもりの29歳女性)

【症状】
子供の頃から酷いアトピーで、季節の変わり目や冬場の乾燥時期、生理中など毎日辛かった。
脱ステロイドで本当に辛く、気温が40度近くても常に寒気がして、睡眠不足や体中発狂するような痒みと痛みで、息をしても肺が痛かった。
精神的にも肉体的にも、生きているのが地獄の日々。5~8月の間は、38.5℃の微熱状態が続く状態だった。

【改善の声】
8月頃から稚内珪藻岩枕を使用し始めて、9月頃には外出出来るくらいにまで改善しました。
寒気が無くなり、全身どろどろだった皮膚もすっかり落ち着き、かさぶたが出来て切れているところも少なくなりました。
11月には化粧も出来るようになり、12月には手先が少し気になる程度で全体的に落ち着きました。
高熱が微熱に変わり、今では平熱になりました。
本当に珪藻枕のおかげと感謝しています。
ありがとうございました。

専門用語解説
▼コンテンツ検索
▼カテゴリ
▼コラム
珪藻生活の教科書
▼募集中
▼イベント