ホーム > 珪藻生活のきょうかしょ >  現代住まいの課題
稚内珪藻士の基礎
利便性のこんなくらしが本当に健康?
化学物質の主な発生源
利便性のこんなくらしが本当に健康?
各機関の指定汚染化学物質の違い
利便性のこんなくらしが本当に健康?
消臭剤のしくみ
利便性のこんなくらしが本当に健康?
 

快適性、利便性を追及するあまりに多くの芳香剤、消臭材、殺菌再、洗剤などの化学製品や、温調機、除加湿器、空気清浄機、-イオン発生装置など電化製品が、誕生し、私たちの周りに氾濫しています。

有害性化学物質の構成労働省の指針値は設定されていますが、あまりにも多くの化学物質があり、その全てを規制することは困難なのが実情です。

WHOと厚生労働省とは、異なる指定汚染化学物質の違いもあり、又濃度規制もありますが、規制が掛かれば、又新しい化学物質が誕生し、新しい化学物質が提供される。そのような繰り返しです。

床下の防蟻剤として、以前は、クロルデン(塩素系)は、安全と言うことで使用されていましたが、現在は、クロロピリオス(有機りん系)が、使用されていますが、時代の変化で、又危険に変わる可能性もあります。

今安全なものが、本当に安全なのかは、変わる可能性が高く、又過敏症になれば、1/100の濃度でも、健康を害してしまいます。
ある日突然アレルギーとなってしまうなど、誰でも、過敏症になってしまう危険性があります。


















消臭を行う方法としては、反応で嫌な匂いを変える、良い香りでマスキングする、バクテリアで分解する、多孔質吸着材料で、吸着除去するなどの方法がありますが、極力、安全で、安心な方法をお勧めします。

活性炭、備長炭などの炭類、稚内珪藻土など多様な吸着剤はありますが、例えば、炭類は、アンモニアなどの窒素系のガスは、苦手で、稚内珪藻土は、シンナー系のガスは、苦手など、得て、不得手があります。

生活臭気に関しては、稚内珪藻土は優れた吸着性を有しています。

稚内珪藻土などを活用したオール呼吸の住まいは、調湿・消臭能力が高く、持続性もあり、化学物質、家電製品に依存しない暮らしを可能とします。

専門用語解説
▼コンテンツ検索
▼カテゴリ
▼コラム
珪藻生活の教科書
▼募集中
▼イベント