ホーム > 珪藻生活のきょうかしょ >  現代住まいの課題
稚内珪藻士の基礎
人々をアレルギー、難病が襲っています。
主な呼吸器疾患の年齢別総患者数(平成17年)
人々をアレルギー、難病が襲っています。
タイトル2
人々をアレルギー、難病が襲っています。
 

平成17年、厚生労働省の呼吸器系疾患のデータでは、左図のように驚くような有病率となっています。

免疫力の弱い幼児期、60歳以上の㈲病率が、異常に高くなっています。










平成16~19年に亘る文部科学省の小・中・高生の全員調査の結果が、左図ですが、25%強の方が、アレルギー疾患であり、年々増加しています。

原因の主要因の一つは、大気汚染空気であると言われています。

環境省は、平成12年、喘息の主原因は、汚染空気と発表しています。

車社会、高度工業化社会の放棄は、困難であり、又中国の進展に伴う大気汚染も加わり、益々、私達に汚染空気が襲い、アレルギーなど健康被害が増加する一方です。

このような環境から、人々を守ることは重要なテーマであり、その大きな要素として、「自然健康な住まい」の訴求こそが、人々の健康を保全する最も大切なことであります。

その意味では、住まいを供給する人々は、住まいの意義を見直し、あるべき住まいを訴求し、持続発展できる住まいへの転換を進めるべき時代となっています。

専門用語解説
▼コンテンツ検索
▼カテゴリ
▼コラム
珪藻生活の教科書
▼募集中
▼イベント